Funeral

家族の心に残る

家族葬は温かさを感じられる

費用をかけずに通夜と告別式を行いたい場合や身内だけで見送ってあげたい、また故人の希望等理由も様々です。家族葬の場合参列者が少ないので、飲食費と返礼品費用を抑えることができます。また家族葬となると祭壇の装飾もシンプルに抑える傾向にあり、費用としては40万から100万以内といえます。一般的なお葬式を行うと、あいさつや、準備等に追われがちです。家族葬は家族や身内だけで小規模にやるイメージが強いと思いますが、故人と故人の大切な家族との最後の時間をゆったりとした気持ちでお別れできるので良いと思います。

一般的なお葬式は本葬といい、故人と親しかった多くの人が弔問をし、故人との最後のお別れします。規模を小さくしたものを密葬というものがあります。密葬は有名人等が亡くなった時、まず身内だけで密葬を行い、本葬をその後に行い報道陣やファンに参列してもらったりします。家族葬は規模の面では密葬と同じですが、家族だけで営まれるお葬式のことです。厳密な定義はないので家族や親しい友人が含まれる場合もあります。家族葬はルールに縛られず、家族の数だけ家族葬の形があると言って良いと思います。昔はお葬式と言えば、本葬であり、身内だけでやりたい場合は密葬と呼ばれていたのですが、最近は家族葬と呼ばれるようになり、温かさが感じるようになったと言えます。これからも大切な家族との最後の時間を過ごしたいと思う方は多く、家族葬を選ぶ人が増えてくると思います。